バレエ ノートルダム・ド・パリ 動画

バレエ ノートルダム・ド・パリ 動画

バレエ ノートルダム・ド・パリ 動画
バレエ 動画

『ノートルダム・ド・パリ』は、ヴィクトル・ユーゴーの小説「ノートルダム・ド・パリ」を台本とした作品。古典バレエ「エスメラルダ」と原作は同じだが、小説の内容に忠実で鐘つき男のカジモドに焦点を当てた台本となっている。
Notre-Dame de Paris

あらすじ

【第1幕】
舞台は荒んだ15世紀のパリ。教会の持つ権限が、弾圧と排除を生み出す時代の物語。
ノートルダム大聖堂の前に、一人の醜い赤ん坊が捨てられていた。彼は大聖堂の副司教、フロロ(Frollo)に拾われ、カジモド(Quasimodo)という名をもらう。彼は成長し、ノートルダムの鐘つきとなる。パリにやって来た美しいジプシーの踊り子エスメラルダ(Esmeralda)に、聖職者であるフロロは心を奪われる。欲情に悩み、ついにはカジモドを使ってエスメラルダを誘拐しようとする。しかしカジモドは捕らえられ、エスメラルダは衛兵フェビュス(Phoebus)に恋するようになる。フェビュスとエスメラルダの仲は深まるが、実はフェビュスは婚約者がいる不実な男だった。捕らえられたカジモドは広場でさらし者になるが、ただ一人エスメラルダだけは彼をかばう。カジモドは人間の優しさを生まれて初めて知り、彼女に恋をする。フロロも彼女に想いを募らせるが、エスメラルダの心はフェビュスにある。フロロは逢引をするふたりをつけて行き、フェビュスを刺して逃げる。エスメラルダはフェビュス殺害未遂の濡れ衣を着せられ、魔女裁判の元に死刑が言い渡されるが、間一髪のところでカジモドがエスメラルダを救う。

【第2幕】
カジモドは愛するエスメラルダをノートルダム大聖堂にかくまう。エスメラルダはカジモドのあまりの醜さにまともに顔を見ることすらできなかったが、ともに時間を過ごすうちに、醜い外見の裏側の心の優しさに気がつき、二人の心は通い始める。しかしフロロはパリの暴動の矛先をノートルダム大聖堂に向けさせ、混乱の中エスメラルダを連れ出してしまう。フロロは助命と引き換えに愛人になるよう迫るが、エスメラルダはそれを拒絶、衛兵に引き渡され処刑されてしまう。カジモドはエスメラルダの命を奪ったフロロを絞め殺し、エスメラルダの遺体を抱いて去っていくのだった。
バレエ ノートルダム・ド・パリ 動画
バレエ 動画